世界せかい一番いちばんコンテナの取扱量とりあつかいりょうおおいのはどこ?

 

クイズのこたえを

コンテナせんでは、あらかじめ貨物かもつをつめておいたコンテナをクレーンでみおろしします。それまでの貨物船かもつせんは、ふね岸壁がんぺきにつくと貨物かもつひとひとみおろししていました。コンテナふね日本にほんでは1960年代ねんだい登場とうじょうし、荷役時間にやくじかんをそれまでの10ぶんの1に短縮たんしゅくし、現代げんだい外国定期航路がいこくていきこうろ代表だいひょうする輸送手段ゆそうしゅだんになっています。日本にほんのコンテナでの輸出入ゆしゅつにゅうえているのですが、ここ30ねんほどのあいだに上海しゃんはい、シンガポールといったアジアのみなとが、その取扱量とりあつかいりょうおおきくのばしました。2013ねん速報値そくほうち)のコンテナ取扱量とりあつかいりょう順位じゅんいると、1中国ちゅうごく上海しゃんはいでおよそ3,364万個まんこ、2がシンガポールでおよそ3,258万個まんこ、3中国ちゅうごくしんセンで2,328万個まんこ、4中国ちゅうごく香港ほんこん、5韓国かんこく釜山ぷさんとなっています。日本にほんみなとでは東京とうきょうが28で490万個まんこです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん