灯台とうだいはいつからあるの?

 

クイズのこたえを

ふね安全あんぜん航海こうかいするのをたすけるため、海岸かいがんみさきなどでをたいたり、のろしをげて合図あいずおくることはふるくからおこなわれていました。紀元前きげんまえ7世紀せいきに、ナイル川河口がわかこう寺院じいんとうがたかれたのが、最初さいしょ灯台とうだいとされています。アレキサンドリアのファロス灯台とうだい紀元前きげんぜん261ねんから19ねんかけててられました。たかさが150mもあり、50kmさきからあかりがえたといわれていますが、8世紀せいき地震じしんでこわれてしまいました。日本にほん記録きろくでは、839ねん遣唐使船けんとうしせん日本にほんかえってくるときじるしとして、九州各地きゅうしゅうかくちみさきなどでかがりをたいたと『続日本後紀ぞくにほんこうき』にかれています。現在げんざい日本にほん灯台とうだいかずは3,300あまりですが、そのうちもっともふるいものは1869ねん明治めいじ2ねん)、はじめての西洋式灯台とうだいとしてフランス人技術者じんぎじゅつしゃ設計せっけいつくられた観音埼灯台かんのんざきとうだいです。三浦半島みうらはんとうにあり、現在げんざいもつかわれています。また、日本一強にっぽんいちつよひかり灯台とうだい千葉県ちばけん犬吠埼灯台いぬぼうざきとうだい高知県こうちけん足摺岬灯台あしずりみさきとうだいなどが200まんカンデラのひかりはなちます。カンデラとは光源こうげんをレンズで拡大かくだいしたあとひかりつよさの単位たんいです。もっともひかりとおくまでとど灯台とうだいは、兵庫県ひょうごけん日本海側にっぽんかいがわにある余部埼灯台あまるべさきとうだいで、光達距離こうたつきょりはおよそ73kmにもなります。また、ひかりすだけでなく、おと電波でんぱふね安全あんぜんまも灯台とうだいもあります。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん