海難審判庁かいなんしんぱんちょうってなにをするところ?

 

クイズのこたえを

海上かいじょうでのふね事故じこのことを海難かいなんといいます。たとえばふねどうしがぶつかったり、浅瀬あさせにのりあげたり、ふね火事かじになったりといったことです。もしおおきな海難かいなんがおこれば、ふねだけではなく、人命じんめいうしわれたり、あぶらがもれてうみをよごしたりしてしまいます。ですから海難かいなんがおきたときには、その原因げんいんをしらべて、おなじような事故じこがふたたびおこらないようにする必要ひつようがあります。そのために海難かいなん審判しんぱん庁によって審判しんぱんがひらかれます。海難審判かいなんしんぱん船長せんちょう機関長きかんちょう経験けいけんしたひとなど、ふね専門家せんもんかによってすすめられます。つづきは、裁判所さいばんしょかたちでおこなわれ、最後さいごになぜこのような事故じこがおきたのかを、裁決さいけつという方法ほうほうあきらかにします。そして、乗組員のりくみいん船会社ふねがいしゃなどに原因げんいんがあることがわかれば、きびしく注意ちゅういをし、改善かいぜんをもとめることがあります。海難審判庁かいなんしんぱんちょう国土交通省こくどこうつうしょうなかにおかれています。地方海難審判庁ちほうかいなんしんぱんちょう函館はこだて仙台せんだい横浜よこはま神戸こうべ広島ひろしま門司もじ長崎ながさきおよび那覇なは支部しぶ)におかれていて、その裁決さいけつ不服ふふくがあるときは、東京とうきょうにある高等海難審判庁こうとうかいなんしんぱんちょうでさらに海難審判かいなんしんぱんをおこないます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん