日本にほん造船ぞうせんは、世界せかい何番なんばんめ?

 

クイズのこたえを

かつてはイギリスをはじめとしたヨーロッパの国々くにぐにが、世界中せかいじゅうふねおおくをつくっていました。やがて1950年半ねんなかばごろから日本にほん造船業ぞうせんぎょうがめざましく成長せいちょうし、1956ねんには当時世界一とうじせかいいち造船国ぞうせんこくだったイギリスをいこしました。その後世界一ごせかいいち造船国ぞうせんこくとして、たくさんのふねつくりつづけてきました。しかし、1990年代後半ねんだいこうはんになると韓国かんこく、そして2000年代ねんだいはいると中国ちゅうごく建造量けんぞうりょうえはじめました。2013ねんにどのくらいふね建造けんぞうしたかをると、世界せかいでは7,027万総まんそうtのふね建造けんぞうされ、そのうち日本にほんは20.8%、韓国かんこくは34.9%、中国ちゅうごくは36.6%をつくりました。こうしてると、日本にほん韓国かんこく中国ちゅうごくの3かこく世界せかいふねの92.3%をつくっていることになり世界せかい船造ふねづくりりのリーダーということになります。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん