進水式しんすいしきって、なにをするの?

 

クイズのこたえを

ふねつくっていく過程かていで、もっともはなやかなのが進水式しんすいしきです。数万すうまんtのおおきなふねみずかぶ瞬間しゅんかん感動的かんどうてきです。ふね進水しんすいするとき、ふるくからいろいろな儀式ぎしきがおこなわれてきました。ローマ時代じだいには進水しんすいするふねきよめるためにワインがつかわれていましたし、バイキングは奴隷どれいなどをけにえとしてかみにささげて、ふね進水しんすいいわいました。現在げんざい進水式しんすいしきでは、シャンパンのびんをふねにぶつけて進水しんすいさせます。この方法ほうほうはイギリスで18世紀せいきはいってからはじまったようですが、はじめはあかワインのびんをたたきつけて進水しんすいさせていました。なぜあかワインなのかは、あかワインがけにえののかわりだからといわれています。そのしろワインやシャンパンでもよくなり、最近さいきんはほとんどシャンパンがもちいられています。日本にほんでは日本酒にほんしゅをつかうところもあります。進水式しんすいしきではふねから支綱しつなばれるロープを1ぽんのばし、これにシャンパンをつなぎます。このロープを船会社ふねがいしゃ代表者だいひょうしゃなどがり、ふね誕生たんじょういわいます。ロープをるとびんが船首せんしゅにあたってわれ、ふね船尾せんびからうみかってゆっくりとうごきだします。五色ごしきのテープがい、ブラスバンドの演奏えんそうもおこなわれます。こうしてしょくと、支綱しつなというロープ1ぽんふねをつないでいるようにえますが、じっさいはトリガーという装置そうちが、ふねをすべらないようにしています。トリガーはてこの原理げんり応用おうようし、300tのちからをわずか1kgにらすことができます。ですからおおきなふねも、しっかりめておけるのです。支綱しつなられると同時どうじに、このトリガーがはずされ、ふねはすべりだします。みずかんだエンジンもかじもないふねめるには、ふねんでおいた、ふといくさりをたばねたドラッグチェーンをうみになげておこないます。船台せんだいからふねをすべらせて進水しんすいさせるのは、20万重量まんじゅうりょうtぐらいまでが限度げんどです。それ以上大いじょうおおきなふねはドックでつくられ、進水時しんすいじはドックに注水ちゅうすいしてふねかせます。ふねいたらドックからうみきだせばよいので、おおきなふねでも安全あんぜん進水しんすいさせることができます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん