れないふねってあるの?

 

クイズのこたえを

みずかぶ物体ぶったいなみやうねりをけるとれます。ふねおなじで、れがつづけば乗組員のりくみいん乗客じょうきゃくふね酔いをしてしまいますし、貨物かもつをいためてしまうことにもなります。そこでれをできるだけらす装置そうち発明はつめいされています。たとえばビルジキールです。これは船底ふなぞこ舷側げんそくのさかいに、さかなはらびれのような細長ほそながいたをとりつけるものですが、簡単かんたんなしくみのわりには効果こうかがあり、砕氷船さいひょうせんなどの特殊とくしゅふねをのぞいてほとんどすべてのふねにつけられています。フィンスタビライザーは船底ふなぞこよこからつばさをだしてれをらすもので、1920ねん日本にほん技術者ぎじゅつしゃ発明はつめいしました。現在げんざいはコンピュータでつばさうごかして、70~90%れをらすことができ、ほとんどの客船きゃくせんやカーフェリーなどにつけられています。れないふねつくるこころみもおこなわれてきました。たとえば船体せんたいからつばさをのばしてはしる全没つばさ型水中つばさ船は、2.5mぐらいまでのなみならほとんどれません。ジャンボジェットのボーイングしゃ開発かいはつし、ジェットフォイルの名称めいしょうで、日本にほんでは新潟にいがた佐渡島さどがしまなどではしっています。船体せんたい客室きゃくしつをわけたふねもあります。九州きゅうしゅうはしっているヴォイジャーは、船体せんたいれても客室きゃくしつはコンピュータ装置そうちはたらき、いつも水平すいへいになるようにつくられています。海中深うみちゅうふかもぐもぐ水艇やもぐ水艦はなみやうねりをけないのでれません。これに着目ちゃくもくして潜水貨物船せんすいかもつせんのアイデアもありますが、まだ実現じつげんはしていません。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん