ふねはどこまでおおきくなるの?

 

クイズのこたえを

19世紀せいきのおわりごろになると工業こうぎょう発達はったつがめざましく、うみわた貨物かもつひとがさかんになってきます。それまでつくられてきたふね現在げんざいのような鋼鉄製こうてつせいわり、おおきなふねつくられるようになっていきました。なかでも大西洋たいせいようわたってヨーロッパとアメリカをむす定期航路ていきこうろ貨客船かきゃくせん大型化おおがたかすすみます。1901ねんにイギリスで2万総まんそうtをこえたセルチックごうつくられると、毎ねんのようにおおきなふねつくられ、1936ねんには8万総まんそうtをこえるクイーンメリーごう誕生たんじょうしました。そのあとひとはこぶのには飛行機ひこうきがつかわれるようになり、客船きゃくせん大型化おおがたかはいったんまりました。最近さいきんではひとはこぶのではなく、レジャーのためのクルーズ客船きゃくせんおおきなふねつくられています。2000ねんに14まん2,000そうtのエクスプローラー・オブ・ザ・シーズごうつくられました。客船きゃくせんにかわって大型化おおがたかされるようになったのは原油げんゆタンカーです。一度いちどにたくさんはこぶとやすはこぶことができるので、1950ねんごろから大型化おおがたかすすみだしました。1959ねんに10万重量まんじゅうりょうtをこえたユニバースアポロごうつくられると、1966ねんには20万重量まんじゅうりょうtをこえた日本にほん出光丸いでみつまる、1975ねんには48まん4,276重量じゅうりょうtの日精丸にっせいまるつくられます。現在げんざい世界せかいでもっともおおきなふねは、1980ねんつくられたノルウェーの原油げんゆタンカー・ヤーレバイキングごうで、55まん5,819重量じゅうりょうtあります。 ★Prelude FLNGになるのでは?★

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん