トンすう一種類いっしゅるいじゃないの?

 

クイズのこたえを

ふねおおきさをあらわすには、「トン」という単位たんいをあらわす言葉ことばをもちいまが、どうしてトンとぶようになったのでしょうか。15世紀せいきのはじめごろ、イギリスではふねむことができるブドウしゅおおだるのかずで、ふねから税金ぜいきんをいくらるかをめていたとされています。このさかだるをいくつめるかかぞえるとき、ぼうさかだるをたたくと「タン、タン」とおとがするので、「なんたる」というかわりに「なんタン」というようになり、やがてなまって「なんトン」とぶようになったといわれています。また、大酒おおざけだるのことをもともと英語えいごで「タン」といっていたのがそのまま符号ふごうとなり、「トン」といわれるようになったというかんがえもあります。 現在げんざいふねおおきさはそうトン、じゅんトン、排水はいすいトン、載貨重量さいかじゅうりょうトンなど、ふね容積ようせき重量じゅうりょうであらわされます。そうトンすうは、ふね外板がいはん内側うちがわから外板がいはん内側うちがわまですべての容積ようせきをあらわします。つまりふねなかがどのくらいひろいかをあらわしていて、商船しょうせん漁船ぎょせんなどでもっともひろくつかわれています。じゅんトンすうは、旅客りょきゃくまたは貨物かもつはこぶためにつかわれる場所ばしょおおきさをあらわしていて、そうトンすうから船員室せんいんしつ機関室きかんしつ船用品倉庫ふなようひんそうこ二重底にじゅうぞこなどをのぞいたひろさです。排水はいすいトンすうふねおもさをあらわし、ふねみずかべたときにしのけるみずおも量であらわします。おもに軍艦ぐんかんでつかいます。載貨重量さいかじゅうりょうトンすうめる貨物かもつ燃料ねんりょう清水しみずなどのおもさをあらわし、おもに貨物かもつ船や原油げんゆタンカーなどでつかわれます。日本にほんではむかし、ふねおおきさを五百石ふねとか千石ふねというように、むことができるこめ石数こくすうであらわしていました。当時とうじ日本経済にほんけいざいこめ基準きじゅんのものさしとしていましたので、石数こくすうであらわすほうが便利べんりだったからです。明治時代めいじじだいになり、貿易ぼうえきがさかんになると国際化こくさいかすすみ、トンすうであらわすようになりました。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん