ふねはどれくらい力持ちからもちちなの?

 

クイズのこたえを

貨物船かもつせんのエンジンでもっともたくさんつかわれているのは、ディーゼルエンジンです。これは大型おおがたトラックのエンジンとおなじしくみでうごくものです。100馬力以下ばりきいかちいさなものから、数万馬力すうまんばりきもあるおおきなものまであり、ふねおおきさや貨物かもつりょう速力そくりょくによってつかいわけられています。貨物船かもつせんなかではコンテナせんにもっともおおきな馬力ばりきのエンジンがまれています。日本船にほんせん最大級さいだいきゅうのものでは5万馬力まんばりき(4まん5,100重量じゅうりょうt、速力そくりょく24.8ノット)にもなり、エンジンのおもさは1,500tをこえます。コンテナせんにくらべると、原油げんゆはこ大型おおがたタンカーは2まん7,200馬力ばりき(24万重量まんじゅうりょうt、速力そくりょく15.3ノット)ぐらいです。タンカーはコンテナせんの5倍以上ばいいじょう貨物かもつはこびますが、コンテナせんのようなスピードをだす必要ひつようがないからです。ふねすすめるために必要ひつよう馬力ばりきは、おなふね速力そくりょくを2ばいにするためには2の3じょう、つまり8ばい馬力ばりき必要ひつようになります。すこしでもはやはしるためにはおおきな馬力ばりきすエンジンが必要ひつようになり、コンテナせんのほうがおおきな馬力ばりきのエンジンが必要ひつようになるわけです。ディーゼルエンジンの燃料ねんりょう貨物船かもつせんではほとんど重油じゅうゆがつかわれていて、軽油けいゆをつかうトラックとはことなります。 

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん