ふね位置いちはどうやってはかるの?

 

クイズのこたえを

ふね安全あんぜんはしるためには、ふねがどこにいるのかをらなければなりません。りくからちかうみなら、りく地形ちけいからふね位置いちって航海こうかいします。この方法ほうほう地文航法ちぶんこうほうんでいます。では、陸地りくちえないような大海たいかいではどうするのでしょうか。人間にんげん大海たいかいにこぎだしたはじめのころは、太陽たいようほし東西南北とうざいなんぼくり、ふねすす方向ほうこうめていました。そしてはしった時間じかん速力そくりょくから、ふね位置いち推測すいそくしました。このような太陽たいようほしからふね位置いち方法ほうほう天文航法てんもんこうほうびます。13世紀せいき考案こうあんされた航海用磁気こうかいようじきコンパス、18世紀せいき登場とうじょうした八分儀はちぶんぎ六分儀ろくぶんぎ、18世紀せいき発明はつめいされた正確せいかく時間じかんがわかる航海用時計こうかいようとけいのクロノメーターが、天文航法てんもんこうほう発展はってんさせてきました。現在げんざい、もっともすすんでいてひろくつかわれるようになった航法こうほうは、人工衛星じんこうえいせい利用りようしたGPS(Global Positioning System)とばれるものです。地球上空ちきゅうじょうくう人工衛星じんこうえいせいから発射はっしゃされる電波でんぱを、ふねまれた受信機じゅしんきけて、位置いち計算けいさんします。地球上ちきゅうじょうのどこにいるか、あっというまに計算けいさんされます。この装置そうち高度こうどもわかるので、飛行機ひこうきでもつかわれています。また、くるまでつかわれるカーナビゲーションもおなじしくみです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん