ふねいかりにはどんな種類しゅるいがあるの?

 

クイズのこたえを

ふね安全あんぜんにとめておくにはいかり必要ひつようです。いかり歴史れきしふるく、地中海ちちゅうかい紀元前きげんぜん2000ねんごろつかわれていたとかんがえられる、いしとロープでつくられたいかり発見はっけんされています。また、ギリシャでは紀元前きげんぜん500ねんごろに、いしでつくられたいかりがつかわれていました。ふねおおきくなるとつめ海底かいていをかくことが必要ひつようとなり、紀元前きげんぜんにはすでにてついかりができました。19世紀せいきまでつかわれていたいかりは、ストックアンカーとばれるかたちのものでした。ストックとぼうつめ直角方向ちょっかくほうこうにとおして、いかりつめ海底かいていにしっかりときささるようにしたものです。19世紀せいきはいって蒸気船じょうきせん出現しゅつげんすると、ストックレスアンカーとばれるいかり登場とうじょうしました。これはいかりつめ部分ぶぶんじく部分ぶぶんが、ピンでつながってうごくようになっています。現代げんだいのほとんどのふねはこのストックレスアンカーをつかっていて、さまざまな改良かいりょうかさねられてきましたが、小型船こがたせんでも数十万すうじゅうまんtの大型おおがたタンカーでも、しくみはおなじです。いかりおおきさはふねによってちがいます。ちなみに日本にほんでいちばんおおきなふねだった日精丸にっせいまる(48まん4,276重量じゅうりょうt)のいかり重量じゅうりょうが30tもありました。またアンカーチェーン(錨鎖びょうさ)は385mもあり、これだけでもたいへんなおもさです。いかりおもさにアンカーチェーンのおもさもくわわって、ふねをとめておくおおきなちからになります。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん