ふね何人なんにんうごかすの?

 

クイズのこたえを

現代げんだい外国航路がいこくこうろ大型原油おおがたげんゆタンカーやコンテナせんなどの貨物船かもつせんは、20名前後めいぜんご乗組員のりくみいんうごかしています。おおきさのわりにはすくないとおもいませんか。それはふね仕事しごとがコンピュータされるなどして、合理化ごうりかされ、陸上りくじょうでもサポートできるようになったからです。 かつて1950年代中ねんだいなかごろの、1まんtぐらいの貨物かもつめる貨物船かもつせんには50めいもの船員せんいんっていました。おおくの仕事しごと人力じんりきでおこなっていたので、たくさんの人数にんずう必要ひつようだったのです。1960年代中ねんだいなかごろになると、船内せんないのいろいろな機械きかい自動化じどうか電子化でんしかすすみ、人手ひとでがなくてもふね安全あんぜんはしらせることができるようになりました。そのため、1980年代中ねんだいなかつごろには1950年代中ねんだいなかつごろの半分はんぶんぐらいの人数にんずううごかせるようになりました。さらに最近さいきんは14名前後めいぜんごうごかせるふねつくられるようになり、11めい運航うんこうするふねもあります。ところでふね最高責任者さいこうせきにんしゃ船長せんちょうです。そのほかの乗組員のりくみいん甲板部かんぱんぶ機関部きかんぶ無線部むせんぶ事務部じむぶにわかれて仕事しごとをしています。甲板部かんぱんぶはおもにふね運航うんこう貨物かもつみおろしの管理かんりをします。機関部きかんぶはおもにエンジンの操作そうさ点検てんけんなどを、通信部つうしんぶはおもに無線むせん陸上りくじょうやほかのふねとの連絡れんらくをとります。事務部じむぶ船員せんいん食事しょくじをつくったりするのがおもな仕事しごとです。最近さいきん少人数しょうにんずうふねでは、兼務けんむほか仕事しごと一部いちぶ手伝てつだうようなしくみになっています。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん