ふねふね、どうしてこの漢字かんじになったの?

 

クイズのこたえを

ふね」は丸太まるたをくりぬいた丸木まるきぶねのかたちがそのまま文字もじになったといわれています。また、「ふね」は「セン」というみかたが「くりぬく」という意味いみ文字もじにつうじるといわれふねおなじように丸木まるきぶねがもとになっています。ふねをあらわす漢字かんじにはふねていふねはくなどたくさんありますが、どの漢字かんじ意味いみおなじです。現在げんざいふねおおきさによって漢字かんじをつかいわけています。ふねはごくちいさくひとちからうごかすふねです。てい小型こがたのふねで短艇たんてい艦艇かんていなどとつかわれます。ふね小型こがたから大型おおがたのものまでもっともひろくつかわれています。はく大型おおがたのふねを意味いみします。ですから船舶せんぱくというと、小型こがたから大型おおがたまですべてのふねをさします。みなとということばは、ふる時代じだいにはみなととまりなどと、場所ばしょ役割やくわりによってがちがっていました。みずをあらわす「サンズイ」と、すすむという気持きもちをあらわす「いつ」をあわせたもので、かわわた意味いみでつかわれ、中国ちゅうごくからつたわりました。みなとはいくつかの水路すいろあつまってくる場所ばしょをあらわします。はくみずあさいことをあらわし、ふねきしにつきやすいという意味いみがあります。みなとは「サンズイ」とまちなかのみちをあらわす「ちまた」をあわせたものです。水上すいじょう通路つうろ、のちに水路すいろのあるまちみなとをあらわすようになりました。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん