北前船きたまえせんって、どんなふね<

 

クイズのこたえを

江戸時代えどじだいには日本海にっぽんかい北海道ほっかいどうみなとから江戸えど大坂おおさか大阪おおさか)へ、こめさかななどがふねはこばれていました。ふね瀬戸内海せとないかいをとおって大坂おおさか江戸えどかう西廻にしまわ航路こうろか、津軽海峡つがるかいきょうをとおって江戸えどかう東廻ひがしまわ航路こうろ利用りようしましたが、西廻にしまわ航路こうろはしふねを北前ふねぶようになりました。なぜ北前船きたまえせんぶのかについては、北廻きたまわふねがなまったというせつ北前きたまえとは日本海にほんかい意味いみ日本海にほんかいはしふねだからというせつなど、いくつかあります。18世紀せいきのはじめごろになると、西廻にしまわ航路こうろ東廻ひがしまわ航路こうろにくらべてさかんに利用りようされるようになりました。というのは東廻ひがしまわ航路こうろでは太平洋側たいへいようがわきたかう黒潮くろしおながれにさからってはしらなければならないため、当時とうじふねでは航海こうかいがたいへんだったからです。また、西廻にしまわ航路こうろのほうが荷物にもつやすはこぶことができたからでした。北前船きたまえせんとしてつかわれたふねは、当時とうじ貨物船かもつせんとしてひろくつかわれていた「弁才船べざいせん」とばれるふねでした。西廻にしまわ航路こうろがさかんになると、この航路こうろはしるのにてきするようにいろいろな改良かいりょうくわえられていき、明治時代めいじじだいになっても、しばらく活躍かつやくしていました。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん