弁才船べざいせんって、どんなふね

 

クイズのこたえを

弁才船べざいせんは17世紀前半せいきぜんはんにおもに瀬戸内海せとないかい活躍かつやくしていたふねかたちです。当時とうじは300石積前後こくづみぜんご中型船ちゅうがたせんでした。当初とうしょ漕帆兼用船そうはけんようせんでしたが、このころから帆走専用船はんそうせんようせんとなり、乗組員のりくみいんかずすくなくなり、改良かいりょうがかさねられました。そしてごろでつかいやすいふねとして、流通経済りゅうつうけいざい発達はったつとともに1,000石積こくづみ、1,500石積こくづみ大型化おおがたかされ、全国的ぜんこくてき普及ふきゅうしていきました。よくいわれる千石船せんごくぶねとは、大型おおがた弁才船べざいせんをさすびかたとしてひろまりました。幕末ばくまつ洋式船ようしきせんはいってくると、その技術ぎじゅつれて、明治時代めいじじだいはいっても経済性けいざいせいたか商船しょうせんとして活躍かつやくしました。また、大坂おおさか大阪おおさか)より木綿もめんあぶらなどの日用雑貨にちようざっか江戸えどにはこんだ菱垣廻船ひがきかいせんから分離ぶんりして、おもに酒荷さかにをはこぶようになった樽廻船たるかいせん、そして日本海側にっぽんかいがわ活躍かつやくした北前船きたまえぶね北前船型弁才船きたまえぶねがたべざいせん)も弁才船べざいせん代表だいひょうです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん