さかなって、どうやってとるの?

 

クイズのこたえを

さかなをとるにはいろいろな方法ほうほうがありますが、古代こだいにはばりや、浅瀬あさせなどに簡単かんたんなしかけをつくってりょうをしていました。さかなをとる道具どうぐすこしずつ改良かいりょうされ、やがてあみさかなをとる網漁あみりょうがおこなわれるようになりました。縄文時代じょうもんじだい遺跡いせきなかには、網漁あみりょうにつかわれたきとおもりが発見はっけんされています。さらに時代じだいすすむとおおきな漁船ぎょせんつくられるようになり、たくさんのふねをもちいた釣漁業つりぎょぎょう網漁業あみぎょぎょうがおこなわれるようになりました。明治時代めいじじだいはいるとエンジンきの漁船ぎょせんがつかわれるようになり、さらに20世紀中せいきなかごろになると、石油化学工業せきゆかがくこうぎょう発達はったつにより、つよくてじょうぶなあみやロープ、強化きょうかプラスチックせい漁船ぎょせんつくられ、漁業技術ぎょぎょうぎじゅつおおきく発展はってんしていきました。現代げんだい漁法ぎょほう釣漁法つりぎょほう網漁法あみぎょほう釣漁法つりぎょほうにはカツオりょう竿さおをつかった一本釣いっぽんづり、マグロりょうはりをたくさんもちいるはえなわなどがあります。網漁法あみぎょほうにはイワシりょうなどのまきあみ、カレイりょうの底刺あみやトロールりょうそこびきとう)、おきまった位置いちあみをしかけ、そこにさそいこまれたさかなをとる定置網漁ていちあみりょうなどがあります。ポット漁法ぎょほうはつぼやかごでさかなをとる方法ほうほうです。タコつぼりょう、エビかごりょうなどがあります。そのほか漁法ぎょほうには潜水漁せんすいりょうきん棒漁ぼうりょうなどがあります。