うみには何種類なんしゅるいぐらいのものんでいるの?

 

クイズのこたえを

うみにはさかなのほかに、クラゲやイソギンチャクなどの刺胞動物しほうどうぶつ、エビやカニなどの節足動物せっそくどうぶつ、タコやイカなどの軟体動物なんたいどうぶつ、クジラやアザラシなどの哺乳類ほにゅうるいといった生物せいぶつんでいます。ところで海岸かいがんからふかさ200mぐらいまでのうみを「大陸棚たいりくだな」といいます。この「大陸棚たいりくだな」はすべてのうみ面積めんせきの7.6%ですが、生物せいぶつがたくさんいることでられています。また、200mよりふかい「深海しんかい」でも、大型おおがた生物せいぶつだけでもすでに数万種類以上すうまんしゅるいいじょういることがられています。しかし、これらはほんの一部いちぶにすぎません。ひろうみなかにいったいどれぐらいの生物せいぶつんでいるのかは、まだ、よくわかっていません。現在げんざい予想よそうでは、おそらく1,000万種類以上まんしゅるいいじょう生物せいぶつがいるとされています。ちなみに、陸上りくじょう生物せいぶつはおよそ100万種類まんしゅるいで、その85%が昆虫こんちゅうといわれています。地球上ちきゅうじょうにいるすべての生物せいぶつおもさであらわしたとき、その90%はうみ生物せいぶつといわれています。うみ種類しゅるいりょうともに生命せいめい宝庫ほうこなのです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん