海峡かいきょうってどんなところ?

 

クイズのこたえを

りくりくとのあいだにはさまれて、うみはばせまくなったところを海峡かいきょう」といいます。北海道ほっかいどう本州ほんしゅうにはさまれた津軽海峡つがるかいきょうや、うずしおで有名ゆうめい鳴門海峡なるとかいきょうなどがこれにあたります。ほかに海峡かいきょうどう意味いみで「瀬戸せと」「水道すいどう」といういいかたもあります。海峡かいきょう海底かいてい地形ちけいふかくえぐられたようになっていて、複雑ふくざつなところがおおく、しおながれがはやくなります。カナダには時速じそく30kmをこえるながれのところがあり、鳴門海峡なるとかいきょうも20km以上いじょうながれがあります。ところで世界せかいにはたくさんの海峡かいきょうがありますが、もっともなが海峡かいきょうはどこでしょうか。それは日本にほんちかく、サハリンとロシアにはさまれたタタール海峡かいきょう間宮海峡まみやかいきょう)で、およそ850kmです。では世界せかいでもっともはばのある海峡かいきょうはというと、カナダのバフィンとうとグリーンランドにはさまれたデービス海峡かいきょうです。もっともせまいところでもおよそ340kmあり、これは東京とうきょうから琵琶湖びわこまでの距離きょりにあたりますから、ずいぶんとひろ海峡かいきょうです。では世界せかいでもっともせま海峡かいきょうはというと、瀬戸内海せとないかいかぶ小豆島しょうどしまにある土渕海峡どふちかいきょうで、はばはわずか9.93mしかありません。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん