しおきはどうしておきるの?

 

クイズのこたえを

うみたかさは一定いっていではありません。1にちかい、ゆるやかにたかくなったりひくくなったり、規則的きそくてきわっています。これがしおきで、おもにつき力によっておきます。つきめんしたうみはいつもしおです。その反対側はんたいがわつき引力いんりょく影響えいきょうよわいのですが、地球ちきゅう自転じてん遠心力えんしんりょくなどにより、こちらもしおになります。つき地球ちきゅうのまわりを24時間じかん50ふんかけてまわっていますが、海面かいめんはこのうごきにあわせて、およそ12時間じかん25ぶん満潮まんちょうから満潮まんちょうへ、または干潮かんちょうから干潮かんちょうへ、たかさがわります。このつきうごきに太陽たいよううごきがかさなって、しおきのおおきさがまります。もっともきがおおきくなるときを「大潮おおしお」とびます。日本にほん太平洋側たいへいようがわ満潮まんちょう干潮かんちょうは1.5mあります。日本海側にっぽんかいがわ太平洋側たいへいようがわにくらべるとちいさく、40cmです。世界せかいでもっともきがおおきいのは、カナダのファンディわんで、15mにもおよびます。これはビル5階分かいぶんにもなるたかさです。また、アジアでおおきいのは韓国かんこく仁川いんちょんで、10mほどのきがあります。みずくと停泊中ていはくちゅうふねは、まるで座礁ざしょうしたようになってしまいます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん