なみはどうしておきるの?

 

クイズのこたえを

かぜちからけるとなみがおこります。なみがまったくないようなしずかなうみもありますが、たいていは大小だいしょうさまざまななみがおきています。ではなみはどのようにまれて、どのようにわっていくのでしょうか。かぜがふきはじめると、ちいさくてこまかいなみちはじめます。「さざなみ」です。かぜがさらにつよまると、さざなみはしだいにおおきくたかくなっていきます。これを「風浪ふうろう」とびます。なみがさらにたかくなり、かぜもさらにつよまると、やがてなみさきほうがくだけてしろくなります。これが「白波しらなみ」です。白波しらなみ沖合おきあいでは風速ふうそく毎秒まいびょう5mぐらいからちはじめます。また、毎秒まいびょう15mをこえると、一面いちめん白波しらなみとなっていきます。かぜがおさまると、なみちいさくなっておさまっていきますが、風浪ふうろうはゆるやかなおかのようなかたちで、海面かいめんをゆっくりとうごいてとおくまでひろがっていきます。これが「うねり」です。おきまれたなみ陸地りくちちかづくと、海底かいてい地形ちけい影響えいきょうけるようになります。やがて海岸かいがんちよせる「磯波いそなみ」となってくずれてなくなります。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん