日本にほんのまわりには、どんな海流かいりゅうがあるの?

 

クイズのこたえを

海流かいりゅう海水かいすい温度おんどから暖流だんりゅう寒流かんりゅうの2つにわけられます。日本にほん近海きんかいには暖流だんりゅう寒流かんりゅうながれています。日本にほん近海きんかい有名ゆうめい暖流だんりゅうといえば「黒潮くろしお」があります。うみみずくろっぽい青色あおいろをしているのでくろ潮とばれています。世界せかいでも最大級さいだいきゅうつよながれの海流かいりゅうとしてられ、北大西洋きたたいせいよう湾流わんりゅうとともに世界せかい2大潮流だいちょうりゅうのひとつです。海水表面かいすいひょうめんはやさは毎秒まいびょう2mをこえるほどで、時速じそくになおせば7.2km、小走こばしりするぐらいのはやさになります。もうひとつの暖流だんりゅうに、対馬海流つしまかいりゅうがあります。対馬海流つしまかいりゅう沖縄おきなわちかくで黒潮くろしおからわかれ、対馬海峡つしまかいきょうをとおって日本海にほんかいはいります。山陰沖さんいんおき能登沖のとおきおおきくうねりながら、一部いちぶ津軽海峡つがるかいきょうをぬけて太平洋たいへいようていきます。寒流かんりゅうにはロシアのカムチャツカ半島はんとう方向ほうこうからみなみながれてくる千島海流ちしまかいりゅうがあり、「親潮おやしお」とばれています。この海流かいりゅうはプランクトンが豊富ほうふで、たくさんのさかなそだてることから親潮おやしお名前なまえがつきました。海流かいりゅうさかなをはじめとしたうみのめぐみを、わたしたちにとどけてくれる役目やくめもしてくれます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん