海流かいりゅうはどうしておきるの?

 

クイズのこたえを

うみみずはたえずうごいていますが、まったきにながれる「海流かいりゅう」があります。海流かいりゅうはおもに太陽たいようねつかぜによっておこります。赤道せきどうのまわりのうみは、太陽たいようひかりつよけてあたためられます。赤道せきどうとは地球ちきゅう南極点なんきょくてん北極点ほっきょくてんから、ひとしい距離きょりにある地表面ちひょうめんてんむすんだせんのことです。その反対はんたい南極なんきょく北極ほっきょくちかうみは、太陽たいようひかりがあまりとどかないのでつめたいままです。みずにはあたたかいところからつめたいところへながれる性質せいしつがあることから、あたたかい赤道せきどう海水かいすい南極なんきょく北極ほっきょくかうながれがおきます。また、海流かいりゅうかぜちからによってもおきます。地球ちきゅうには偏西風へんせいふう貿易風ぼうえきふうというつよかぜがふいています。たとえば北太平洋きたたいへいようでは、偏西風へんせいふう北緯ほくい45中心ちゅうしんとしたあたりで、西にしからひがしへふいています。また、貿易風ぼうえきふう北緯ほくい15中心ちゅうしんとしたあたりで、ひがしから西にしへふいています。これらのつよかぜ海水かいすいうごかしています。この太陽たいようねつかぜによってまれた海水かいすいうごきに、地球ちきゅう自転じてん陸地りくち海底かいてい地形ちけいがかさなりあって、海流かいりゅうながれるきがきままっていきます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん