うみふかさは、どうやってはかっているの?

 

クイズのこたえを

ふかうみなかのようすを簡単かんたんることはできません。ではうみふかさやうみ底の地形ちけいはどうやって調しらべるのでしょう。むかしはふねからおもりをけたロープをたらし、海底かいていにとどいたロープのながさでふかさをはかりました。しかしこれではふねをいちいちめなければなりませんから、ひろうみ調しらべるのはたいへんな作業さぎょうです。そこで音波おんぱをつかう方法ほうほうかんがえられました。水中すいちゅうでは陸上りくじょうのように電波でんぱつたわらないので、水中すいちゅうでもつたわる音波おんぱをもちいてはかるのです。ふかさをはかるには音響はかふか機という機械きかいをつかいます。これは船底ふなぞこ装置そうちから海底かいていかって音波おんぱし、その音波おんぱ海底かいていにあたって、やまびこのようにもどってくる時間じかんはかってうみふかさを方法ほうほうです。たとえば音波おんぱして海底かいていにあたってもどってくるまで、4びょうかかったとしましょう。海底かいていまでは2びょうになりますから、この2びょううみなかでの音波おんぱ速度そくどの1,500mをじょうじた3,000mがふかさとなります。音波おんぱふね速力そくりょくよりずっとはやいので、いちいちふねめなくても観測かんそくできるのです。現在げんざいでは観測装置かんそくそうちもたいへん進歩しんぽし、サイドスキャンソナー、マルチビーム測深機そくしんきといった機械きかいが、海底かいてい地形ちけい正確せいかく観測かんそくして、海図かいずづくりなどにいかされています。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん