うみふかさは、なにを基準きじゅんめているの?

 

クイズのこたえを

うみふかさのことを「水深すいしん」といいます。ふね安全あんぜん航海こうかいするためには、この水深すいしんることが必要ひつようです。もし水深すいしんがわからずにはしって浅瀬あさせりあげてしまえば、大事故だいじこになって人命じんめい荷物にもつうしなわれることにもなってしまいます。そうならないために、航海こうかいには「海図かいず」といううみ地図ちずをつかいます。海図かいずにはこまかく水深すいしんかれていて、うみふかさをることができます。ところでうみにはしおきがあり、水面すいめん一定いっていしていません。では水深すいしんはどこを基準きじゅんにしてはかるのでしょうか。日本にほんでは「略最低低潮面ほぼさいていていちょうめん」というのを海図かいず水深すいしん基準きじゅんにしています。この略最低低潮面ほぼさいていていちょうめんは、しおきをながいあいだ観測かんそくして平均へいきんした「平均へいきん水面」から計算けいさんして、数値すうちめます。略最低低潮面ほぼさいていていちょうめん水深すいしん基準きじゅんとなるので「基本水準面きほんすいじゅんめん」ともびます。この略最低低潮面ほぼさいていていちょうめんは、ふだんはこれ以上水面いじょうすいめんくならないめんです。ですからここからふかさをはかっておけば、しおがいちばんいたときでも、海図かいずかれた数字すうじふかさがあることになり、ふね安全あんぜん航海こうかいができるのです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん