うみって、いつからあるの?

 

クイズのこたえを

46億年前おくねんまえのむかし、まれたばかりの地球ちきゅうでは岩石がんせきがとけたマグマのうみ地表ちひょうをおおっていました。また、蒸気じょうき窒素ちっそ二酸化炭素にさんかたんそなどのガスでできた原始大気げんしたいきそらをおおっていました。やがて、地球ちきゅう温度おんどが急にがってくると、原始大気げんしたいきなかにふくまれていた水蒸気すいじょうきあめとなり、地上ちじょうにふりそそぐようになりました。地球全体ちきゅうぜんたい大雨おおあめ時代じだいとなったのです。あめ地表ちひょうやし、地表ちひょうえると原始大気げんしたいきえてさらにあめがふったので、年間ねんかん雨量うりょうは10mをこえる、すさまじい大雨おおあめだったとかんがへえられます。この大雨おおあめが1,000年近ねんちかくもつづき、現在げんざいうみのもととなる原始げんしうみまれたのです。原始げんしうみあめにとけた塩酸えんさんなどもながれこんだので、はじめは酸性さんせいで、とても生物せいぶつめる環境かんきょうではなかったようです。酸性さんせい海水かいすいはその地表ちひょうのカルシウム、てつ、ナトリウムなどをだんだんとかし、現在げんざいのような中性ちゅうせい海水かいすいになっていきました。うみいま、およそ43億歳おくさいかんがえられています。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん