宗谷そうやについて:どんなところが特徴とくちょうなの?

 

クイズのこたえを

南極観測用なんきょくかんそくよう大改造だいかいぞうされた”宗谷そうや”の最大さいだい特徴とくちょうは、こおりってすすむ「砕氷船さいひょうせん」ということです。船首せんしゅ頑丈がんじょうなオノのようなかたちをしており、船体せんたい側面そくめんには内部ないぶがタンクになっているバルジとばれるふくらみがもうけられました。このバルジをふくむめ、おも外板がいはんあつみは普通ふつうふね倍以上ばいいじょうの、25ミリもありました。