日本にっぽん海岸線距離かいがんせんきょり

 

クイズのこたえを

日本にっぽんはまわりをぐるっとうみにかこまれた島国しまぐにです。そしてしまはんとうみさきしまなどがあって、海岸線かいがんせんりくんだ地形ちけいですから、陸地りくち面積めんせきにくらべて、なが海岸線かいがんせんをもっています。では、どのくらいのながさかというと、3まん3,889kmもあります。これは地球一周ちきゅういちしゅうながさの85%ちかくにもなるながさです。海岸線かいがんせんを47都道府県別とどうふけんべつでみると、39の都道府県とどうふけんうみめんしていて、うみ岸線をもっています。いちばんながいのは北海道ほっかいどうの4,377km、2番目ばんめしまが多いなが崎県の4,137km、3番目ばんめ鹿児島県かごしまけんの2,722kmです。1,000km以上のところは三重県みえけん、広島県、山口県やまぐちけん愛媛県えひめけん熊本県くまもとけん沖縄県おきなわけんの6けんです。ぎゃくみじいところは山形県やまがたけんの110km、富山県とやまけんの117km、鳥取県とっとりけんの144kmとなります。ところで、海岸線かいがんせんながさはいつもおなじではありません。いろいろな原因げんいんによって変化へんかします。たとえば、みなとや空みなと工事こうじによるてなどや、かわからながれてくる土砂どしゃ河口付近かこうふきん地形ちけいえてしまえば、海岸線かいがんせんながさもわります。また、おおきな地震じしんがおきると、地盤じばんがもちがったり、がったりして地形ちけいわり、海岸線かいがんせんえてしまいます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん