公海こうかい領海りょうかい

 

クイズのこたえを

うみには「公海こうかい」と「領海りょうかい」というかんがえかたがあります。公海こうかいというのはどのくににもぞくさない、だれもが自由じゆうしたり、さかなをとったりできるうみのことです。領海りょうかいというのはそのうみちかくのくに陸地りくちのつづき、つまりそのくに領土りょうどおなじというかんがえかたです。公海こうかい領海りょうかい国際的こくさいてき法律ほうりつめられたわけではありませんでしたが、くにどうしがまもかんがえとして、17世紀せいきのおわりごろに世界せかいひろまりました。領海りょうかい海岸かいがんから3海里かいりとされ、領海りょうかいなかしたり、さかなをとったりするのにはそのくに許可きょかがいります。1海里かいりは1,852mですから、3海里かいりは5,556mになります。ところが1945ねんに、アメリカのちかくで発見はっけんされた海底油田かいていゆでんをアメリカが所有しょゆうするために、領海りょうかいを12海里かいりひろげると宣言せんげんしました。これをきっかけに領海りょうかいひろげるうごきが世界中せかいじゅうくにでおきましたが、ばらばらにおこなったため問題もんだいがおきてしまいました。そこで各国かっこくあつまって会議かいぎのうえ、1982ねんに「国連海洋法条約こくれんかいようほうじょうやく」がつくられ、領海りょうかいは12海里以内かいりいないとすることがめられました。この条約じょうやくでは、あわせて「排他的経済水域はいたてきけいざいすいいき」もめられました。これは陸地りくちから200海里かいりまでのうみは、そのくにさかな海底資源かいていしげんをとったり管理かんりする権利けんりをもつというものです。公海こうかい領海りょうかい中間ちゅうかんうみというかんがえかたになります。つまり200海里かいりなかするのは自由じゆうですが、さかな海底資源かいていしげんをとるにはそのくに許可きょか必要ひつよううみということです。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん