船長せんちょう機関長きかんちょうになるには

 

クイズのこたえを

船長せんちょう航海士こうかいし機関長きかんちょう機関士きかんしなどになるには、専門せんもん学校がっこう卒業そつぎょうして、試験しけん合格ごうかくすることが必要ひつようです。外国航路がいこくこうろふね船長せんちょう機関長きかんちょうになるには商船大学しょうせんだいがく、または商船高等専門学校しょうせんこうとうせんもんがっこうすすみます。商船大学しょうせんだいがく東京とうきょう神戸こうべにあり、帆船日本丸はんせんにほんまる海王丸かいおうまるでの航海実習こうかいじっしゅうもふくめて4年半ねんはんまなびます。商船高等専門学校しょうせんこうとうせんもんがっこう全国ぜんこくに5こうあり、中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうご、やはり航海実習こうかいじっしゅうをふくめて5年半ねんはんまなびます。これらの大学だいがく学校がっこう卒業そつぎょうして試験しけんけ、合格ごうかくすれば三級海技士さんきゅうかいぎし資格しかくをとることができます。そして船会社ふねがいしゃに入ればいよいよ航海士こうかいし機関士きかんしとしてスタートです。そのめられた日数以上船にっすういじょうふねり、二級海技士にきゅうかいぎし一級海技士いちきゅうかいぎし試験しけん合格ごうかくしていくと、外国航路がいこくこうろ船長せんちょう機関長きかんちょうとしてふねうごかすことができるのです。国内航路こくないこうろふねるなら独立行政法人海員学校どくりつぎょうせいほうじんかいいんがっこう入学にゅうがくする方法ほうほうがあります。海員学校かいいんがっこうには、中学校ちゅうがっこう卒業後そつぎょうご帆船実習はんせんじっしゅうふくめ3年間学ねんかんまな海上技術学校かいじょうぎじゅつがっこう全国ぜんこくに6こうと、高等学校こうとうがっこう卒業後そつぎょうごおなじく帆船実習はんせんじっしゅうふくめ2年間学ねんかんまな海上技術短期大学校かいじょうぎじゅつたんきだいがっこうが2こうあります。これらを卒業そつぎょうして試験しけん合格ごうかくすると、4級海技士きゅうかいぎし資格しかくをとることができます。そのさらに試験しけん合格ごうかくすれば、船長せんちょう機関長きかんちょうとしてふねどうかすことができるようになります。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん