船名せんめいに「まる」のつく由来ゆらいは?

 

クイズのこたえを

日本の船名せんめいに「まる」のつくものがおおくあります。「まる」のつく船名せんめい起源きげんふるく、記録きろくとしては、1187ねん仁和寺にんわじ古文書こぶんしょあらわれた「坂東丸ばんどうまる」が最初さいしょといわれています。「まる」の語源ごげんやいわれについては諸説しょせつありますが、代表的だいひょうてきなものとして「麿まろ」の転化てんかから「愛称説あいしょうせつ」があります。これはもともと自分じぶんのことを「麿まろ」とっていたのが敬愛けいあい意味いみで人につけられ、さらいぬかたななどひろあいするものに転用てんようされました。その「麿まろ」がやがて「まる」にてんじてふねにもつけられるようになったというせつです。ほかに、古来船こらいせん嘉名かなをつけ位階いかいあたえたという由来ゆらいから「人格説じんかくせつ」、本丸ほんまるいちまるといったしろ構造物こうぞうぶつ呼称こしょうふね見立みたてた「しろ郭説」などがありますが、いずれも定説ていせつえるものではありません。また、語源ごげんにはなりませんが、明治めいじ33ねん制定せいていされた船舶法取扱手続せんぱくほうとりあつかいてつづきに、「船舶せんぱく名称めいしょうニハルベク末尾まつびまるセシムベシ」というこうがあり、これが明治以降めいじいこう日本船名にほんせんめい末尾まつびに「まる」がつくようになったおおきな理由りゆうともかんがえられます(平成へいせい13ねん訓令改正くんれいかいせい同条項どうじょうこう削除さくじょ廃止はいし)。外国がいこくでは日本船にほんせんのことを「マル・シップ」とぶことがありますが、最近さいきんでは片仮名かたかな平仮名ひらがなの「まる」のかない船名せんめいも多くなっており、船名せんめいからまるえてゆくのも時代じだいながれかもしれません。また、船名せんめいについては「国字こくじ」をもちいること以外いがいは、とく基準きじゅん規定きていはなく、同名どうめいふね登録とうろくされています。