ふねはたにはどんな意味いみがあるの?

 

クイズのこたえを

ふねでは、様々さまざまはた使つかわれています。このはたることによって、そのふねのいろいろがわかかります。ふね一番後いちばんうしろ(船尾せんび)にあるのが、そのふね国籍こくせきあらわす「国旗こっき」です。日本にほんふねであれば、まる掲揚けいようされています。あまかけませんが、ふね一番前いちばんまえ船首せんしゅ)にあるのが「社旗しゃき」で、そのふね所有しょゆうしている会社かいしゃはたです。ふね一番高いちばんだかところにあるレーダーマストにかかげられている国旗こっきは、「行先旗いきさきき」といって、そのふね出港しゅっこうして最初さいしょかうみなと国旗こっきを示しています。たとえば、東京港とうきょうこう出港しゅっこうして北米西岸ほくべいせいがんのロサンゼルスにかうコンテナせんには、アメリカの国旗こっきひるがえっているわけです。おなじく、レーダーマストにかかげられるはたに「国際信号旗こくさいしんごうき」があります。26のアルファベット、10数字すうじなど、全部ぜんぶで40種類しゅるいはたがあって、1まい1まい世界共通せかいきょうつう意味いみがあります。たとえば、「H」のはたかかげているふねにはパイロット(水先人みずさきにん)が乗船じょうせんしていることをしめしています。2まい、3まいわせておおくの意味いみあらしています。4まいはたがつながっているのは、一船毎いっせんごとめられた信号符字しんごうふじ(コールサイン)で、「JNNU」とあれば“にっぽんまる”、「JPBG」なら“飛鳥あすか”をあらしています。そのほかにも、みなと入港にゅうこうするときや、航路こうろ出入でいりするときなどにも、められた国際信号旗こくさいしんごうき掲揚けいようします。

参考資料さんこうしりょううみふねのQ&A】