航路標識こうろひょうしきには、どんな種類しゅるいがあるの?

 

クイズのこたえを

ふね安全あんぜん航海こうかいをするためには、海図かいずによって浅瀬あさせ障害物しょうがいぶつ位置いち確認かくにんします。そしてふね位置いち針路しんろ正確せいかく必要ひつようがあります。このために、ふね位置いち障害物しょうがいぶつ場所ばしょ航路こうろ潮流ちょうりゅう状況じょうきょうなど航海こうかい安全あんぜん必要ひつよう様々さまざま情報じょうほうらせてくれるのが、灯台とうだいなどの航路標識こうろひょうしきです。航路標識こうろひょうしき種類しゅるいとしてもっともなじみのぶかいものが、みさきっている灯台とうだい防波堤ぼうはてい先端せんたんにある灯標とうひょう海面かいめんかんでいる灯標などです。これらは、ひかりかたちいろ利用りようした「光波こうは標識ひょうしき」で、海図かいずにその種類しゅるい性質せいしつひか間隔かんかくいろなど)が詳細しょうさい表示ひょうじされています。また、全世界的ぜんせかいてき測位そくいシステム(GPS)の信号しんごう補正ほせいしてより精度せいどたかめたディファレンシャルGPS(DGPS)やロランCなど電波でんぱ利用りようしてふね位置いちることができるものが「無線標識むせんひょうしき」です。そのほか、サイレンなどのおと利用りようして灯台とうだいなどの位置いちらせる「音波標識おとわひょうしき」や、潮流ちょうりゅう方向ほうこうはやさなどの情報じょうほう電光掲示板でんこうけいじばん無線むせんなどでらせる潮流信号所ちょうりゅうしんごうしょなどがあります。これら日本にほん航路標識こうろひょうしき海上保安庁かいじょうほあんちょう設置せっちして運用うんようしています。

参考資料さんこうしりょううみふねのQ&A】