ふねのはじまり

 

クイズのこたえを

ふね歴史れきしは地球上に人類じんるい誕生たんじょうしたときからはじまりました。水辺みずべひとかわわたらなくてはならなくなったとき、はじめはおよいだのでしょうが、荷物にもつがあればおよぐのはむずかしくなります。そんなとき、たまたまいていたえだ利用りようして荷物にもつはこんだりしたことは、じゅうぶんに想像そうぞうできます。やがて、えだをたばねてよりたくさん荷物にもつをのせたり、ひとがまたがったりするようになり、これがふねのおこりといわれています。やがてさまざまな工夫くふう改良かいりょうえられるようになり、ふね進化しんかがはじまります。丸太まるたみあわせたいかだや、丸太まるたをくりぬいた丸木舟まるきぶね登場とうじょうします。ふねつくるには材料ざいりょう簡単かんたんはいらなければなりませんから、丸太まるたがないところでは、たとえばたけやアシがつかわれました。動物どうぶつかわをぬいあわせてなか空気くうきれてぶくろとし、それをならべていかだにしたれいもあります。けれども、これらの方法ほうほうではおおきなふねつくれませんし、なみにたいしてよわく、岸辺きしべをゆっくりするのがやっとだったとかんがええられます。よりとおくへ安全あんぜん航海こうかいすることができるようになったのは、組立船くみたてせんふねつくられるようになってからです。組立船くみたてせんふね骨組ほねぐみをじょうぶにつくり、それにいたなどをはりつけつくられました。紀元前きげんぜん4000ねんぐらいと推定すいていされている出土品しゅつどひんに、組立船くみたてせんらしきふねえがかれています。この組立船くみたてせん現在げんざいふね原形げんけいになるもので、そのさまざまな改良かいりょうくわえられ、それぞれの地域ちいきてきしたかたち発展はってんしていきました。ふね動力どうりょくもかいからわり、19世紀せいきはいると蒸気機関じょうききかんがつかわれだしました。ふね材料ざいりょうからてつ、鋼てつわり、今日こんにちにいたっています。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん