ふね位置いちはどうやったらかるの?

 

クイズのこたえを

航海こうかいとは、目的地もくてきちまでふね安全あんぜん効率こうりつよく航行こうこうさせることで、このためにもっと重要じゅうようなことが自分じぶんふね位置いちることです。沿岸えんがん航行こうこうするときには、海図かいずしめされたやまみさき灯台とうだいなど複数ふくすう目標物もくひょうぶつ方位ほうい距離きょりはかって位置いちします。海図かいずうえにこれらの目標物もくひょうぶつえる方位ほういしめせん方位線ほういせん)や距離きょりあらわせん等距離線とうきょりせん)をき、これらが交叉こうさしたてんふね位置いちになります。方位ほういはコンパス(磁気じきコンパス、ジャイロコンパス)やレーダー、距離きょりはレーダーなどによってることができます。目標物もくひょうぶつ大洋航海中たいようこうかいちゅうは、太陽たいようほし高度こうど六分儀ろくふんぎはかり、はかった時間じかんをクロノメーター(正確せいかく時計とけい)で正確せいかくることにより、天測歴てんそくれき天測計算表てんそくけいさんひょうらしわせてふね位置いちることができます。また、陸上りくじょうの2つ以上いじょう電波局でんぱきょく発信はっしんする電波でんぱ受信じゅしんし、その時間差じかんさからふね位置いち方法ほうほうだい2次世界大戦中じせかいたいせんちゅう開発かいはつされました。現在利用げんざいりようできるものとしてはロランA、ロランC、デッカなどがあります。現在げんざいでは、世界中せかいちゅうどこにいてもGPS(全世界的ぜんせかいてき測位そくいシステム)を利用りようすることにより瞬時しゅんじに、しかも正確せいかく位置いちることができます。これは、複数ふくすう衛星えいせいからの信号しんごうがGPS受信機じゅしんきとどくまでの時間じかんから衛星えいせいとの距離きょりもとめてふね位置いちるもので、自動車用じどうしゃようのカーナビとしても普及ふきゅうしているものもおなじです。

参考資料さんこうしりょううみふねのQ&A】