うみ生態系せいたいけい

 

クイズのこたえを

陸上りくじょう水中すいちゅうにかかわらず、生物せいぶつはほかの生物せいぶつべたり、べられたりする関係かんけいでつながっています。このつながりを食物連鎖しょくもつれんさといいます。うみなかでは植物しょくぶつプランクトンや海藻かいそう、それをべる動物どうぶつプランクトン、動物どうぶつプランクトンをべる小魚こざかな、といったように生態系せいたいけい食物連鎖しょくもつれんさでつながっています。また、これらの生物せいぶつがいやふんを分解ぶんかいするバクテリアもいて、バクテリアによって分解ぶんかいされたがいやふんは栄養塩えいようえんとなり、植物しょくぶつプランクトンによってりこまれています。生物せいぶつ自分じぶんきていくために、体重たいじゅうのおよそ10ばいのえさをべなければならないといわれています。食物連鎖しょくぶつれんさかんがえると、たとえば体重たいじゅう100kgのマグロがきていくためには1tのイワシが、1tのイワシがきていくためには10tの動物どうぶつプランクトンが、10tの動物どうぶつプランクトンがきていくためには100tの植物しょくぶつプランクトンが必要ひつようです。バランスのとれた生態系せいたいけいでは、べられるもののかずべるもののかずよりいつも10ばいほどおおいはずで、きれいなピラミッドのかたちになります。もしどこかが異常いじょうえたりったりすると、このピラミッドのかたちがくずれてひずみがしょうじ、うみだけでなく、地球全体ちきゅうぜんたい生態系せいたいけいのバランスがくずれてしまいます。

参考資料さんこうしりょううみふねなるほど豆辞典まめじてん