船の科学館敷地内における新型コロナウイルス療養施設の開設について(10月9日~)

船の科学館敷地内における新型コロナウイルス療養施設の開設について(10月9日~)

今般、2020年10月9日(金)から、当館敷地内に設置された「日本財団災害危機サポートセンター」等を東京都による運営のもと、新型コロナウイルス感染症の無症状・軽症感染者の方々の宿泊療養施設として使用することになりましたのでお知らせ致します。

 

なお、同施設は、現在展示公開中の別館展示場・初代南極観測船“宗谷”、公開休止中の本館から完全に分離しており、当館をご見学いただくお客様、及び当館職員が宿泊療養施設と接点を持つことは一切ありません。

 

皆様にはご心配、ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

※当館は、本年4月より、日本財団が新型コロナウイルス感染症の感染拡大と医療崩壊を防止するための対策施設「日本財団災害危機サポートセンター」建設に協力し、当館の施設内にある駐車場等の敷地を貸与しております。それに伴い、来館者用駐車場は現在ご利用いただけません。ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。

・施設所在地:品川区東八潮3番1号

・管理運営:東京都

 

※本件に関するお問い合わせは、東京都(以下URL参照)にお問い合わせください。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/corona880.html