【活動報告】「チリメンモンスターを探せ」(海の学び舎・わくわくキッズパーク)

活動目的

ちりめんじゃこやシラス干しの中にいるイワシ以外の小さな生き物を「チリメンモンスター」とし、それらを探すことで、海の生きものの食物連鎖や生態系ピラミッドとの関係を絡めながら、海の環境保全の必要性を学ぶ機会としました。幅広い方を対象に、海の生き物への愛着や関心を高め、海の生き物について楽しく学ぶことを目的に開催しました。

活動日

令和元年7月27日(土)

令和元年8月12日(月・祝)

1回目11:00~12:00、2回目13:30~14:30

活動場所

別館展示場 海の学び舎わくわくキッズパーク内

参加人数

令和元年7月27日(土):51名

(内訳)プログラム参加者数:28名、その他見学者:23名

令和元年8月12日(月・祝):79名

(内訳)プログラム参加者数:40名、その他見学者:39名

主な活動内容

東京海洋大学魚類学研究室の協力により開催しました。参加者は、しらす干しができるまでの工程(しらす漁やかまあげの様子)をビデオと解説で学んだ後、ちりめんじゃこの中に入っているチリメンモンスターを各自で見つけ、専用シートに従って分類しました。見つけた生物を観察し、図鑑で名前を調べるなど、サポートの大学生に確認しながら、お気に入りのチリメンモンスターを3つ探して、チリモンカードを作成しました。最後に海の生きものの食う食われる(食物連鎖)についてお話を聞きました。

参加者は、本イベントを通して、生態系ピラミッドのバランスの重要性や海洋環境をきれいにする意識の大事さについて学びました。

【主な内容】

・しらす干しが出来るまで(漁の様子から加工までをビデオ学習)

・チリメンモンスター探し

・見つけたチリメンモンスターの名前等確認とチリモンカード作り

・海の生きものの食う食われる関係について

実施状況

開催の様子

講師は東京海洋大学魚類学研究室の皆さん

しらす干しが出来るまで

ちりめんじゃこの中にチリメンモンスターが

チリメンモンスター探し

チリメンモンスターの名前を図鑑で確認

分類されたチリメンモンスター

完成したチリモンカードと記念撮影