【活動報告】「第58回ジャパンインターナショナルボートショー2019」への 工作実験教室実施等の協力

活動目的

一般社団法人日本マリン事業協会が主催する「第58回ジャパンインターナショナルボートショー2019」への協力事業として、スクリューで走る船の工作実験教室プログラムの実施協力をすることによって、船の工作実験教室を通じた船舶の役割や、海運の重要性について学ぶ機会の創出を目的として実施しました。

活動日

平成31年3月9日(土)~10日(日)
11:00 ~ 15:00

活動場所

パシフィコ横浜

参加人数

138名

活動内容

スクリューで走る巡視船やコンテナ船の工作教室を通じて、船舶の構造や海上物流の重要性についての講義を行いました。完成した模型を使って走行実験を行い、船の進む仕組みや船の役割について体験的に学ぶ機会としました。本事業により、特に子供たちに対して普段馴染みのない船や海への興味関心を高めるきっかけとしました。

【主な内容】
・船の構造や進む仕組みについての講義
・船の役割や海上物流の重要性についての講義
・スクリューで走る船の工作
・完成した模型を使った走行実験

実施状況

受付の様子

会場の様子

協力事業の説明

船の構造や役割の説明

工作の様子

走行実験の様子

完成品と記念撮影