【活動報告】「スクリューで走る船」リターンズ!(海の学び舎・わくわくキッズパーク)」

活動目的

 オイルタンカーやコンテナ船などの様々な種類の船の工作を通じて、私たちの生活に無くてはならない「食べもの」や「エネルギー」の大部分をこれらの船が運んでいることを紹介し、海運と暮らしとの深い関わりについて知ってもらうことを目的に実施いたしました。

活動日

平成30年8月26日(日)
15:00~16:00

活動場所
別館展示場 海の学び舎わくわくキッズパーク内
参加人数

17名

主な活動内容

 参加者は、スクリューで船が進む仕組みや海上輸送と生活との関わりについて解説を聞いた後、プロペラ船のパーツを組み合わせて、コンテナ船など4種のうち1種を作り、プールで実際に走るかどうか実験をしました。
 本イベントを通して参加者は、船は積み荷に合わせて多種多様な形態が作られており、海上物流が私たちの暮らしに欠かせないことを学びました。なお、本イベントは、Saltyfriendsの協力で実施しました。

【主な内容】

・海上輸送と我々の暮らしとの関わり
・スクリューの仕組み
・スクリュー船作り

 

実施状況

開催の様子

海上輸送と我々の暮らしとの関わり

スクリューの仕組み

スクリュー船作り

プールで実験

完成作品と記念撮影

海と日本PROJECT

※本事業は、「日本財団 海と日本プロジェクト」の一環として実施いたしました。