【活動報告】「風速計をつくろう!(海の学び舎・わくわくキッズパーク)」

活動目的

 日々の天気と海洋環境は切っても切り離せない関係であり、特に船が航海する時も天気を理解することは不可欠です。今回は「風」に着目し、風の起こる仕組みの解説を聞いたり、実際に風の強さを計測する体験を通して、参加者の海洋科学への興味関心を高めることを目的に開催しました。

活動日

平成30年8月25日(土)
1回目11:00~、2回目13:30~

活動場所
別館展示場 海の学び舎わくわくキッズパーク内
参加人数

50名

主な活動内容

 一般財団法人日本気象協会の協力により開催しました。参加者は、風が吹く仕組みや天気予報でよく使われる用語の説明、これまでの日本で観測された様々なデータについてクイズを交えたお話を聞きました。実際に気象観測に使われる風速計を学んだ後、各自で簡易的な風速計を作りました。
 参加者は、風が吹くメカニズムや風がもたらす災害等について学びました。

【主な内容】
・天気や風に関するお話とクイズ
・風速計を組み立てよう

実施状況

開催の様子

講師の一般財団法人日本気象協会の吉田氏

天気に関するお話

風速計を作ろう

完成した作品と記念撮影

海と日本PROJECT

※本事業は、「日本財団 海と日本プロジェクト」の一環として実施いたしました。