釧路市立博物館 巡回展「冷たい海の大冒険!!!~関勝則が写す北の海の生きもの~」東京での開催について(2月17日~3月25日開催)

釧路市立博物館 巡回展「冷たい海の大冒険!!!~関勝則が写す北の海の生きもの~」東京での開催について(2月17日~3月25日開催)

北海道・釧路市立博物館で大好評だった

企画展「冷たい海の大冒険!!!~関勝則が写す北の海の生きもの~」展が

巡回展となって東京にやってきます!

 

北の海の水中撮影の第一人者である、関 勝則氏が撮影した、美しい写真や4K映像を通じて、世界自然遺産の知床や釧路の海や川の、知られざる魅力について広く知っていただき、“冷たい海の大冒険”を是非ご体験下さい。

なお、会場では展示解説書を先着100部限定で配布いたします。

 

 

関 勝則(せき かつのり)氏 プロフィール

1954年釧路市生まれ、現在、羅臼町在住。水中ガイド、資源調査、水中写真・ビデオ撮影を手がけ、30年以上、知床や釧路の海を撮影し続ける水中カメラマン。環境保護を目的とした講演活動なども行う。NAUIダイビングインストラクター。「ダーウィンが来た!」「さわやか自然百景」「ワイルドライフ」といった誰もが知る自然番組の水中撮影を数多く手掛けていることでも有名。「ナショナルジオグラフィック」をはじめ多くの雑誌や図鑑で写真を発表し続けている。「いのち海 知床」(北海道新聞社発行)ほか多数の写真集を出版。厳冬のマイナス1度の流氷の海であっても毎日のように潜水業務をおこなう。年間の潜水日数は230日以上。

 

※釧路市立博物館学芸員は会場におりません

 

1. 開催日時
   2月17日(土)~3月25日(日) 

   10:00~17:00

   休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

 

2. 開催場所

   船の科学館 本館1階ロビー(入場無料)

 

3. 主催

   釧路市立博物館

 

4. 共催

   釧路自然史研究会

 

5. 協力

   船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」

 

 

 

「船の科学館」では、社会教育施設の観点から様々な市民に対する海をテーマとした生涯学習の機会の創出を目的に、「海の学びミュージアムサポート」事業を行っております。本巡回展はこの事業の一環として実施いたします。

color-A