【活動報告】「海にも地図があるよ-船の安全な航路を描いてみよう-(海の学び舎・わくわくキッズパーク)」

活動目的

 島国である日本では、様々な産業や物資の流通の多くを港運に支えられています。船が安全に航海する際に欠かせない海図について、海図に書かれた記号や意味について読み解くことを通じて、海や船への親しみを高めていただくことを目的に実施しました。

活動日

平成29年7月22日(土)、
1回目10:30~、2回目13:00~

活動場所
別館展示場 海の学び舎わくわくキッズパーク内
参加人数

12名

主な活動内容

 一般財団法人日本水路協会の協力のもと、「海図」について、潮汐といった自然の変化に合わせて、海のなかや海から見える目標物などを、誰でもがいつでもわかるように記されているといった成り立ちについて解説を受けました。さらに、実物の海図を使って、クイズや記号を探すことを通して、ふだん触れる機会がない海図に触れ親しみ、広く船を知っていただく機会としました。

【主な内容】
・海を航行するとは
・海図記号クイズ
・実際に遊覧船を航海させてみよう

実施状況

「海にも地図があるよ」開催告知看板

会場の様子

海を航行するとは

海図記号クイズ

実際に遊覧船を航海させてみよう

※本事業は、「日本財団 海と日本プロジェクト」の一環として実施いたしました。