「沖ノ鳥島展」開催のお知らせ(11月19日~11月27日)

 沖ノ鳥島は、東京からおよそ1,740㎞離れた遥か南の海上に存在し、日本で唯一の熱帯気候の島です。一般の方にとってはなかなか行くことが難しい島ですが、東京都小笠原村に属し、国土面積に匹敵する排他的経済水域を支えています。

 沖ノ鳥島とその周辺は、未知の可能性を秘めた重要な海域です。現在、都や国、大学等では、沖ノ鳥島の有効活用や保全に向けて、水産資源の調査や桟橋の整備、サンゴ砂による洲島の形成に関する研究など、様々な取組を行っています。

 東京都では、こうした沖ノ鳥島の重要性と様々な取組を、広く都民・国民の皆様にお伝えするために、フォーラムやパネル展を開催しています。

 今回のパネル展では、普段なかなか見ることのできない沖ノ鳥島の空撮写真や、周辺海域に生息する生き物たちの姿を紹介いたします。

 このパネル展が沖ノ鳥島に関する情報を発信する場となり、皆様が沖ノ鳥島について理解を深めるきっかけとなれば幸いです。

 

 

1. 開催場所

       船の科学館 別館展示場

 

2. 開催日時

       11月19日(土)~11月27日(日)

    10:00~17:00

 

3. 主催:東京都産業労働局農林水産部