【活動報告】『葛西臨海水族園「移動水族館」(海の学び舎・わくわくキッズパーク)』

活動目的

 幅広い年齢層を対象に、タッチプールや水槽を通して気軽に東京湾の生き物に触れることで、地域の生き物への愛着を高めるとともに、海や生き物への理解を深めることを目的に開催いたしました。

活動日

平成28年7月18日(月・祝)
11:00~16:00

活動場所
別館展示場前
参加人数

417名

主な活動内容

 公益財団法人東京動物園協会葛西臨海水族園の協力により開催しました。東京湾やサンゴ礁にすむ生き物が観察できる巨大水槽を乗せた専用トラック「うみくる号」と、干潟に住む海の生きものとふれあえる「タッチプール」を乗せたワゴン車「いそくる号」が登場しました。
 タッチプールでは、東京湾の干潟に住む生き物に触り、観察することで、海の生き物との触れあい方を学びました。巨大水槽では、東京湾に暮らす代表的な生き物の名前と生態の解説と共に、サンゴ礁の生き物と比較することで、それぞれの環境に応じた生物の生態を学びました。

【主な内容】
・東京湾の干潟に住む生き物のタッチプール
・東京湾に住む生き物の水槽
・サンゴ礁に住む生き物の水槽

実施状況

「移動水族館」開催告知看板

全体の外観

タッチプールの外観

タッチプールの様子

タッチプールの様子

うみくる号の外観

東京湾に住む生き物の水槽の様子

サンゴ礁に住む生き物の水槽の様子

海と日本 ロゴ

※本事業は、「日本財団 海と日本プロジェクト」の一環として実施いたしました。