【調査・報告】全国の博物館における「海洋教育」実施状況調査(アンケート)の実施と集計結果について

公益財団法人 日本海事科学振興財団(船の科学館)では、「海の日」に関連して全国の博物館・水族館など社会教育施設(1,000館)を対象に、各館で実施されている「海洋教育」の現状や課題、問題点を把握することを目的としたアンケート調査を実施し、この度、集計結果をまとめましたのでお知らせいたします。

今後、当財団では、この度のアンケート調査における集計結果を基に、「博物館における海洋教育の推進」のあり方を検討し、全国の博物館を通じた社会教育の観点から「海洋教育」の普及を図るべく、既存の事業を抜本的に見直して「博物館に必要とされるサポート体制」を構築し事業化する予定です。